So-net無料ブログ作成
検索選択

瀬戸内の海 冬の表情(香川・徳島編) [四国旅行]

1月は再び四国へ。今年の第一弾です[電車]。私の好きな瀬戸内の海[霧]
四国ですが、雪がチラつき[雪]、結構寒かったです[水瓶座]

まずは、今年一年 良い年でありますように・・・[手(チョキ)]
”こんぴらさん” 金刀比羅宮(香川県仲多度郡琴平町)へお参り[目]
元旦から2週間くらいたっておりますが、結構な人の数。正月限定で「幸福の黄色い3お守り」が授与されていました。普段からあります黄色いお守りの「大・中・小」の3点セットでした。
四国1-1.jpg四国1.jpg

うたづ臨海公園  (香川県綾歌郡宇多津町)から臨む、瀬戸内海と瀬戸大橋、そして坂出の工業地帯。広々とした敷地で、一望できます。さすがに曇っているせいか、霞んでおりますが、やっぱり瀬戸内海は海がキレイなことは言うまでもありません[あせあせ(飛び散る汗)]
四国2-2.jpg

高松市街地から東へ。
映画『世界の中心で、愛をさけぶ』 [映画]のロケ地を訪ねてみました。香川県高松市(旧 香川県木田郡庵治町(あじちょう))にあります。
瀬戸内海を臨むシーンが沢山出てきましたね。[るんるん]平井堅『瞳を閉じて』の主題歌でも当時有名になりました。長澤まさみさん、大沢たかおさん、柴咲コウさん、森山未來さんなどが出演されていました。
さすがに、結構前の映画なので、それらしき観光客はほとんどおりませんでした。
田舎の漁港で、あたりは静まり返っていて、ちょっと寂しさも感じつつ。シーンが蘇る感じがしました~[音楽]
四国2.jpg
↓防波堤、写真館のシーンは特に印象に残っております。
この日の防波堤は、写真では分からないですが、風が強くて、波が高く、大荒れの状態でした[あせあせ(飛び散る汗)]
四国2-1.jpg
↓この右に見える空き地の角に、山崎努さんのいた写真館のセットがありました。漁港がすぐ先に見えます。
この海の見える景色は、映画のロケとか関係なく、なんか素敵です[ひらめき]
四国2-3.jpg

場所が変わり、徳島へ。海と言えば、そう 定番 鳴門海峡のうず潮大型観潮船『わんだーなると』 (鳴門観光汽船)に乗ってきました[台風][船]
渦潮の見ごろの時刻よりはやや早いですが。この日は運よく大潮でした。
四国3.jpg
↓大鳴門橋の真下を通っていきます。大鳴門橋は、徳島県鳴門市と淡路島(兵庫県南あわじ市)とを結んでいる橋。
四国3-4.jpg
四国3-2.jpg
↓橋の下に差し掛かると、潮の流れが乱れてきて所々に渦らしきものが。安定していないので、撮るのが難しかったです[わーい(嬉しい顔)]。とりあえずこんな感じ[台風]
四国3-1.jpg
↓遠くから、怪しげな巨大な船。あれも観潮船なんでしょうね。随分、人が乗っています。
四国3-3.jpg

大鳴門橋橋桁空間には、うず潮を上から見ることのできる「渦の道」 (徳島県鳴門市)という遊歩道が設置されています[足]。ここは、元々、瀬戸大橋のように、橋の下に鉄道を通す計画(関西方面と四国を結ぶ計画)があったんですが、今となってはほとんど開通の可能性がなくなったため、この部分を有効利用して作られたそうです。
四国3-5.jpg
↓ガラスを通して真上から覗けます。この上に乗っかったりすると、ちょっと恐怖心もあおられます[グッド(上向き矢印)]
四国3-7.jpg四国3-6.jpg

*********************
☆今回は、久しぶりに寝台列車での四国入り。
 東京→高松「サンライズ瀬戸」[電車]車輛は新しく、走行音も静かで、電球色のオレンジの照明も落ち着きがあって、なかなかゆったり快適な移動が楽しめます[バー]。ただ、この日は、先方の列車がシカと接触[どんっ(衝撃)]したため、1時間ほど遅れるというハプニングがありましたよ[ふらふら]
四国7-1.jpg
↓シングル(個室)。この贅沢な大きな窓は自分が独占できます。ラジオなんかもあったりしますよ。
四国7.jpg
↓ラウンジ。流れゆく景色に目をやりながら、夜遅くまで語り合うのもいいかも知れません[夜]
四国7-2.jpg
↓やはりここ(瀬戸大橋)通る時が楽しみですね。最低この部分だけでも起きてないと、楽しみが半減してしまいますね[わーい(嬉しい顔)]
四国7-4.jpg
↓四国上陸の瞬間[ぴかぴか(新しい)]
四国7-3.jpg

このあと愛媛へ(つづく)。
nice!(27)  コメント(12)  トラックバック(4) 

nice! 27

コメント 12

欲張りウサギ

おぉ~鳴門の渦潮!!
私が行った時はまだ橋が無かったので、すっごく大きくて
渦の中に入ると船のエンジンを切って吸い込まれていきましたよ(^^;
by 欲張りウサギ (2009-01-25 19:22) 

pi-ro

すごい渦ですね!
この橋はかなり怖いです。乗っかるだなんて想像しただけでもブルブルです ^^;
by pi-ro (2009-01-25 19:38) 

tomo

渦に吸い込まれそ~ですねぇ~^^;
贅沢な個室はイイ雰囲気ですね^^ 
by tomo (2009-01-25 22:24) 

今造ROWINGTEAM

黄昏の四国さん、こんにちわ!
ようこそ四国へ!

しまなみ海道のほうへもお越し下さいね!
こちらは、電車が通ってないのが残念ですが・・。
by 今造ROWINGTEAM (2009-01-26 10:13) 

mwainfo

(鳴門観光汽船)迫力ありますね。
by mwainfo (2009-01-27 17:27) 

IZFU

こんにちは。

「怪しげな巨大な船」は、淡路島側から出港する観潮船ですね。

以前、乗ったことがありますが、揺れまくる恐怖で手すりにしがみついてるのがやっとでした。

渦の道のシンメトリーが素敵です。
by IZFU (2009-01-28 01:35) 

黄昏の線路

欲張りウサギ さん
nice!&コメントありがとうございました!
そうですね。橋がなかった頃の方が大きかったんですよねー。
そのころに乗ってみたかったです!
吸い込まれていくとは、、まさに体感できたんですね。
by 黄昏の線路 (2009-02-03 01:09) 

黄昏の線路

pi-ro さん
nice!&コメントありがとうございました!
橋から下が見えてなかなか怖かったですよー。
度胸試しみたいなものでしたね。
渦もなんとか、それらしきものが撮れたので良かったです^^
by 黄昏の線路 (2009-02-03 01:12) 

黄昏の線路

tomo さん
nice!&コメントありがとうございました!
渦は何とか見られて良かったです。
サンライズは本当に快適でしたよー。大きな窓で夜景や朝の風景もたっぷり楽しめますし。
機会がございましたら是非ご利用ください。
by 黄昏の線路 (2009-02-03 01:15) 

黄昏の線路

今造ROWINGTEAM さん
nice!&コメントありがとうございました!
しまなみ海道行ってきましたよー。
本当にいいところですねー!って実感してきました。
詳細はこの後の記事にて。。。
by 黄昏の線路 (2009-02-03 01:17) 

黄昏の線路

mwainfo さん
nice!&コメントありがとうございました!
そうですね。観潮船、
潮の流れが乱れてくるところとか、ダイナミックでしたよー。


by 黄昏の線路 (2009-02-03 01:19) 

黄昏の線路

IZFU さん
nice!&コメントありがとうございました!
情報ありがとうございます!淡路島からも出ているんですね。
それにしても巨大でびっくりしました^^
結構、この海域は揺れますよね。
by 黄昏の線路 (2009-02-03 01:21) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 4

転職サイト『しごとナビ』
キャラクター【ナビちゃん】
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。